読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自転車通勤で健康、ダイエット、メンテナンスなど

自転車通勤は、健康、ダイエットにいい!自転車のメンテナンスについても書いてます。

雨が降りそうなときは自転車通勤中止です

今日は天気が優れないので、片道大体40分程度の徒歩と電車での通勤です。
人の歩く速度は、1分80mで3kmで計算されるのが日本の一般的な情報です。もっと速く歩く人は、速く到着します。

自転車だと7km走っているので、流石にこの距離を雨の中走るのも厳しいので雨が降りそうな日は避けています。

昨日は、6時頃から雨が降りはじめて、焦って自転車で帰りました。走行途中から雨が降りはじめて途中がら急ぎで漕いでいたのでかなり足にダメージが残りました。少し長い距離、速く漕ぐと足が厳しいようです。まだまだ足が鍛えられてないのかもしれません。

雨も大ぶりにならないうちに到着できたため、少し濡れた程度で済みました。こんなときのためにレインコートを買おうと見ているのですが、結構値段が高いから、まだどんなものを買えばいいか検討中です。

今日の気温は、6度、曇です。今にも降り出しそうな空の色になっていました。
昨日より気温は、高目で暖かいようですが、歩いていると顔も手も冷たくて耳あてしてくればよかったという感じでした。
バッグは、リュックはやめて手提げ鞄を使っています。いつも徒歩のときはスーツなのですが、今日は綿パンとフリースのジャケットです。いつも自転車通勤での服装と同じです。

歩いている途中で駅前を通過します。ここでは人の流れと逆流ですが朝、6:40頃なので人は少なめです。これを過ぎるともっと人が増えて逆流の人が多くなり歩きずらくなります。東京への通勤者になるのでしょうが、この時間は人が大きく動くときですね。売店が少ないので、路上でお茶や軽食を売ると売れるでしょう。混雑した電車の中でも食べられるものだといいのかもしれませんね。

途中で小さい川を渡ります。見通しがいいので東側の状態が確認できます。太陽が登ってこないから今日は暗い天候です。ここでも、お散歩している人、通勤の人、犬のお散歩の人がいますね。

f:id:bikemax:20170302233154j:plain

歩いていて階段の上りで膝が曲がりにくいことがありました。昨日のダメージが少しあるようです。まだ速く走ると筋肉痛が残ります。
駅近くに近づいた頃、途中に階段を登るところがあります。ここでは通勤する人が階段を登っていきます。学生に1人追い抜かれました。元気がいいですね。その速度ではちょっと登れません。太ももにダメージがあるようで登るのが少し厳しいです。

「筋肉痛の治し方」で検索してみると、ごく当たり前な回答のサイトが沢山出てきます。ブログ風のサイトです。筋肉の血行を促進させるとか、睡眠もしっかりとるとか一般的ですね。

「筋肉痛 超回復」で検索してみると、「筋肉痛が強いほど超回復も大きくなる」らしいですが、相変わらず太ももは萎んだままです。まぁ当たり前なことが書いてあるだけですが、何かそこに速く強化して、治す方法もあるかと思ったのですが、まぁ一般的なことですね。インターネットで検索すると一般的なものが上位表示するのかもしれません。

自転車での筋肉痛を起こして・治しての繰り返しで足も強化はされるでしょうけど、短期間で足が太くなったということも無いようです。運動は地道にやっていく必要があるんでしょうね。

自転車通勤の距離・服装・バッグ・ダイエット・冬について

朝の気温は、3度と寒いです。
天気は、雲が多くて日が登りませんでした。天気予報だと、晴れのち曇りの予報。
自転車通勤の距離は、片道7キロ程度。
健康面は、自転車に乗り始めてから良好ですが寒いものは寒いです。
食事量は、土日以外は少なめに設定していますが基礎代謝を超えて食べると体重が増える感じです。
筋肉的には、足に少し付いたのではないかと思うのですが気のせいかもしれません。
ダイエットとしての効果は、体重減より筋肉に変わっているようで腹周りの贅肉は、あまりありません。

服装は、綿パンにマジックベルトを足首に巻いています。スーツだとボロボロになるから、見た目でも悪くないようなものがいいですね。手袋は、相変わらずの自衛隊仕様の防寒手袋です。フリースだからそんなに温かくはありません。
バックは、リュックです。冬以外は、リュックだと背中から汗をかきますから嫌ですけど。

さて、自転車通勤で怖いのが雨です。冬の雨は降ると寒くて大変ですからね。雨の日の装備は、100円ショップのレインコートしかないから緊急用でしかありません。「少しでも怪しい天気」だと感じたときは歩いて通勤することにしています。

朝の7:00では雲が立ち込めていますから今日は、ちょっと雨が怖い感じです・・・。朝だと遠いところは黒い雲だったりするから怖いんですよ。これが日が出て明るくなると黒くなくなってきたりするんですよね。

今日は、相変わらず土手には人が沢山いました。
ランニングしている人、サッカーしている人、犬の散歩をしている人、自転車通勤の人などいろいろです。
朝早くランニングしている人は、何の仕事している人なんでしょうね?この寒いのに布団の中にいないで走るなんてすごいです。

相変わらず鴨が浄水場からの排水部分を泳いでいます。この他にも川のゴミをせき止めるブイのようなロープ周辺にも沢山水鳥がいました。いつも思うんだけど、この寒いのに寒くないんだろうか?

自転車の調子も三ヶ月目に入るけど、安定していてガタツキなども出ないようです。なかなか優秀な自転車です。

既に元は取ったというくらいは走りました。通勤の定期代分を浮かせて、自転車分を完済です。
中古で安いから早かったです。後は気にしないで走ります。(´ε` )

この自転車の特徴としては足つきがよくないので、信号待ちのときは足がツンツンしてしまいます。地面に足が届かない感じ。膝が少し曲がるのに、足を伸ばしても地面に届かない。BB位置が高いのかと思うのですが、この恩栄は今のところ感じていません。

ジャンプバイクに近いもののようで車高が高い感じです。かといって車重が重い感じがするので、フロントが持ち上がりにくい感じです。まだ本格的にはやってないのですが軽くホップできる感じでもありません。力がないからかも。

この自転車の欠点は、両手放し運転ができないことで何かわからないけど、ふらつきます。こんなに不安定な自転車ははじめてです。特にフレームが歪んでいるわけでもないようですが、なにやら不安定。

今日も少し写真を撮ってみました。
太陽が雲に隠れてしまい、日が出ないから太陽の温かさを感じません。
太陽が出ないので、珍しく太陽方向(東側)の写真が撮れました。

f:id:bikemax:20170301202745j:plain

川崎か鶴見の工場から出る煙でしょうか。立ち上る白煙と雲が混ざってなにやら怪しい景色です。
やはり朝は晴れて欲しいですね。
橋の上から撮ったから、スマホを落としそうで怖いんですよ。手が冷たいし。

走りきっても手の冷たくて痛い状態は、昨日よりは寒くないようです。セーターを着なくて正解でした。
坂道を登るのがつらいのですが、なかなか足が鍛えられないからガンガン漕ぐようにして登ります。
でも若い人にはかなわない状況なので、悔しいからもっと足が鍛えられるといいなーと頑張っています。
ママチャリに負けないように。(-_-;)

自転車通勤もまだ寒い!昼が暖かくても朝は冷え込むから防寒対策必要です

2月の最終日。
天気は朝方は雲が全体に広がり6:00頃、6:20に日が出る。東側には雲が無いらしい。
いつものように朝6時の気温3度をヤフーで確認。天気は一日中、晴のマーク。

かなり雲が濃いが、本当に雨が降らないのか?かなり疑問な天気でした。
7:45に出発して、7:55分頃になると、雨が降り出しそうだった雲もほぼ無くなりましたので安心して自転車で走ります。

相変わらずフロントフォークかヘッドセットがガタッという音がするのは改善されないまま走っています。段差を登る時に顕著なようなので、そのときだけ多少フロントフォークを浮かせてあげることもあります。あまり負荷かけて早く壊れても仕方ないですからね。

この時間に土手を走るのですが、新しく舗装されたところは、かなり走りやすい路面状態です。この土手の舗装を延長してくれて、安全に走ることができるようになったのは、ありがたいことです。今までジャリだった土手も、水たまりができなくなったし、強度も増すのではないかと思われます。

今までは、車道を走るか、歩道を走るかでしたので、安全に走れるところができたというのはありがたいです。
しかも、高台ですから、日当たりもいいので風さえなければ気持ちがいい道路です。風があるときは、向かい風や横風だと自転車が止まりますから気持ちよくないですね。

水道局から流れ出ている水部分には水鳥がいます。鴨が浮いているのと、白い鳥が浮いたり飛んだりしています。このあたりは鳥にとって憩いの場なのでしょうか。

7:00になると、すっかり日が出てきて、かなり明るくなります。土手から川の状態もよく確認できます。今までは、こんなに早くから明るくならなかったので、春が近づいているんだなと毎日感じます。

橋の上から ( ゚Д゚)

f:id:bikemax:20170228221728j:plain


今日は何故か、土手で、しゃべっているオバサンはいませんし、散歩、犬の散歩している人が少なかったです。珍しいことですけど走りやすくてありがたいです。

4キロ程走るとすっかり手が冷えて冷たく痛くなってきました。まだまだ気温は寒いようです。鼻も出てきますから、これが一番困り物。キタナイですね。寒いから仕方ないんですけど。

そういえばフロントブレーキのワイヤーが少し伸びてきたようで、あそびが大きくなってきています。そろそろ微調整しておかないとブレーキが握りづらくなってきています。はじめてのメカニカル・ディスク・ブレーキなので、効き方が微妙だなと感じてますが、かなり強力なブレーキですね。ただ、もっと微調整できるかと思っていたのですが、ハブの中心軸がわずかでもズレると、ブレーキパッドとローターが接触してブレーキがかかったような状態になるのが困りどころです。丁度いいポジションにしておけば問題ないですけど。

今週ははじめて自転車で行くので筋肉痛もなく快適でした。まだまだ体力をつけないといけないかなと思うんですが忙しいと、仕事もあると、なかなかそうもいきません。

千葉の自転車屋も増えていました

千葉まで出かけてきました。天気は晴ですが昼を過ぎても気温が上がらず寒いです。

昔は自転車屋さんが駅近くにありませんでした。今回行ってみると自転車屋さんが増えていてイオンの自転車屋さんなどもできていました。自転車人口が多いということもあるのでしょうか。自転車がどこでも買えるようになったというのは便利でいいことです。

自転車屋の1つは、「セオサイクル」で本店が船橋駅近くにある自転車屋です。その他にも、ららぽーとTOKYO-BAY(旧:ららぽーと船橋)にも店舗があります。30年前は、店舗数も少なかったのですが、今ではかなりの店舗数になっています。その頃は、競輪選手になる予定だった社員の方もいてかなり面白いお店でした。今はどうなんでしょうね。
このセオサイクルは、川崎ラゾーナ側にも店舗をオープンしました。ここも自転車が多いのかもしれないです。長い間、お店が拡大し続けている優良企業なのかもしれません。

イオンはお店内が広く在庫も多そうでした。価格も1万程度から1.5万程度のものが店前に沢山並んでいました。おそらくこの程度の価格が売れ筋なんでしょう。変速機が付いていタイプです。ハブダイナモも付いていないから、これだとまた無灯火の人が増えるから危ないんですよね。イオンは規模を急拡大している、すごい会社ですね。

ちなみに、この写真は千葉の新京成電鉄の北習志野駅周辺にある自転車屋さんです。

セオサイクル

f:id:bikemax:20170228221353j:plain

イオン

f:id:bikemax:20170228221413j:plain


自転車で走るのも相変わらず歩道を走っている人が多くいました。中学生、高校生の女子学生は、並んで歩道を走るので危ないですね。
この歩道もそろそろ建物がセットバックし始めていて、道路を広げる予定なようです。危ないから自転車が走れるようにして欲しいものです。

千葉の戸建の場所は道路が狭くて私道部分が結構多いようです。車同士がすれ違うには狭すぎるところが多いです。自転車と車がすれ違うのも狭いところがあり、雨の日は、傘をさしていれば、すれ違えないところもありそうです。
戸建は駅から遠いところも多いから通勤になるとバスが多いのではないかと思われますがバスを待つより自転車通勤の方が速くていいでしょうね。バスは当てにならないこともありますから。

駅から近くには団地群があり、駅から離れたところには戸建群があるのが千葉の特徴なようで、比較的どこの駅もこんなところが多いように感じます。公団は価格も安くていいようですが、すでに老朽化していて、お風呂は相変わらずバランス釜が利用されているようです。屋外給湯器の姿がありませんから。こんな団地群がまだまだ何棟もありました。

昔ながらの自転車屋もあり、個人店ながらまだあるということは、お店の人もまだ元気でやっているんだろうなーと思いました。
こういったお店が残っているというのはいいことですね。他のお店は変わってしまっていますから貴重だし、その地域に根ざしたものが消えていくのは寂しいものです。
もしかすると自転車屋さんのは長生きなのかもしれません。(*´∀`)

 

天気には惑わされましたが、西南方向は問題なく追い風だったか?

今日は朝寝坊してしまい出るのが遅くなりました。
混雑時間に駅前を通過すると通勤する人の量も一段と増えていました。おかげで中々横切れません。

今日の天気は、天気予報だと晴れなんですが、曇りで雨が降るかも?と思うほどでした。
気温は5度と少し暖かいので、セーターはいらないかなという感じです。自転車だと風を切るので、耳あて・手袋はあったほうがいい感じです。

最近は自転車の調整はせず、もっぱら乗るだけになりました。あまり時間をかけている余裕がないのでメンテナンスフリーがいいです。もう一台の方の自転車も修理しないまま放置しているのは、ちょっともったいないかなと思うので暇見てやらないといけません。

確定申告やら、他の不動産の案件があるため仕事以外も忙しい状況です。

自転車通勤で楽なのは、信号もある程度パスできるし、車道も歩道も走れるから自由にどこでも走れるのがいいところです。駐車スペースもあまり必要ないから、駅前以外は置き場にも困りません。駅前は節操なく駐輪している人が多く、家が駅まで離れているのはわかるけどすごい量の自転車があるものだなと思います。自宅から駅まで徒歩で30分あったとしても10分程度で着いてしまうから、自転車は速いし機動力もあるし便利なんですよね。

地方自治体は、駅前に駐輪場をもっと増やした方がいいです。歩道でも十分だと思うので道路を整備して欲しいです。できれば駐輪代金は安いと助かるんですけど。

駅まで遠い自宅があるということで、通勤手段は、バス、徒歩、自転車、オートバイ、タクシー(車)となってきますが、バスが思いのほか時間もお金もかかることから手軽な自転車の利用が増えているのでしょう。自転車があれば、かなりの距離も走ることができますし時間もあまりかからないですから。駅まで遠い不動産といえば、戸建が多いということになるでしょう。マンションは比較的、駅に近いですから。

今日の通勤ですが、珍しく風が追い風か無風で、あまり苦労せず到着しました。(^o^)
向かう方向は、西南方向ですから、北東方向から風が吹いていたのではないかと思われます。
西南側に向かうときに少し向かい風になった感じがありましたが、あまり苦にならない程度でした。
昨日のテレビの天気予報だと、大陸側からの西風の向かい風かなと思っていました。

自転車を停めているのは路駐です。駅からは少し離れているところで、会社の横なので民家の邪魔になりにくいところです。人が住んでたり駅が近かったりすると、いろいろとイタズラされたり、注意されたりしますから、こういった場所は貴重です。

サドルには念のため、スーパーやコンビニでもらう小さいビニール袋をかぶせます。こうすると見栄えも良くないし、雨が少し降ったところでサドルに水が染み込みませんからおすすめですよ。たまにビニール袋が無くなってるけど。(^_^;)

小雨なので歩いて通勤

今日は午前中に小雨が降っていて天気も不安定だったので自転車通勤はとりやめで電車通勤です。
いつもより朝少し早く出て片道3キロ程歩き、わざわざ遠い駅まで歩きます。
時間的には、40分かかります。もし自転車でこの駅まで行くとすると13分くらいでしょうか。

雨は少し降っているような状態ですが傘をさすほどではありませんでしたので安心です。距離歩くとかなり濡れますからね。防雨対策をしたほうがいいので考え中です。レインコートや靴の予備か、雨靴が欲しいところです。

普段は自転車で足を鍛えているつもりでも、歩くときに筋肉とは違うようで、歩きは歩きの力を使っているようです。早歩きすれば、それなりに疲れます。自転車ではリュックで行くのですが、歩きのときは手提げバッグです。服もスーツだったり綿パンだったりといろいろなのですが、先日はズボンがグショグショになってしまいました。スーツだとクリーニング出さないといけないから、面倒なので歩くとき用のものを考えた方がよさそうです。

今日は朝6時時点で気温が11度と高目です。セーターを着ていたので暑かったです。かなり失敗です。マフラー・手袋もいらないくらいの温度です。自転車だと手袋は必要でしょうが、それでも防寒用はいらない感じです。ここまで急に温度が上がると、なかなか気温差についていくのが大変です。昨日の朝とは、9度違うってすごいことです。

道路を歩いていくのですが、途中までは自転車の通勤経路と同じです。川沿いは歩かないので、あまり楽しいところは歩きません。大通りと民家を突き抜けていく感じです。途中に駅を1つ通過します。ここまでは近いのですが、ここから先は通勤する人との逆流です。みんな駅に向かうのに、1人駅とは逆方面に歩くことになります。たまにスマホ見てるから避けてくれない人もいます。この駅から徒歩10分程離れると、人の流れが無くなり歩きやすくなります。

こうやって、別の駅まで行くと、通勤としてはお金もかからないし、運動にもなるから一石二鳥なんです。最近は、雨で自転車通勤できないときは、この経路で歩きます。歩くときは雨と決まってるから雨対策しないといけないです。

民家を抜けていくと、最後に大学の階段を登って突き抜けて行くとゴールの駅です。この階段は、非常に高いところまで登っていて、建物でいうと何階くらいなんでしょうか。6階建て以上の高さがあるのではないかと思われます。自転車で鍛えているからと思いきや、今でも息切れしながら登っています。情けないと思いながらも、体力ってどのくらいでつくのか?と考えてしまいます。もっと強力な体を手に入れたいものです。

登ってしまえば、後は下り坂なので、あと少し駅まであるきます。この階段からは同じ方向の通勤者が増えていますから、なんとなく少し安心感があります。1人だと寂しいものだからなんでしょうか。

この経路から通うように鳴って回数券を使っています。期間的には3ヶ月くらい利用できるようです。電車の出入り口は、磁気券が使えるレーンが少ないのが面倒なんです。

自転車通勤も2日目にして筋肉痛

自転車通勤も随分と慣れてきた。ただ寒さは厳しいので、必ず鼻水が出てくるのは生理現象だから仕方ないのでしょう。

今日の気温は、2度と冷え込み顔がかなり痛い感じでした。
今日の天気は、晴れのち曇りのようで、雨が降らなければいいのですが。

出勤時には日がすでに登っています。朝は晴れていて気持ちがいい天気でした。朝日は少し雲に遮断されるようで日の出頃は少し光が弱い感じがありました。

いつも駅の近くを通過するのですが通勤のために駅まで歩いている人達が沢山いました。駅から徒歩5分程度くらいの距離までは、色の黒い人達なのでアリの行列のような感じです。みんな東京まで仕事しに行くんでしょう。

この通りを通過して川に出ます。川は小さいのですが、少し大きな川に合流します。この合流手前には浄水場があり、いつも水を排出しています。その排出しているところに水鳥がいつも浮いています。温かいのか、流れが好きなのかはよくわかりませんが、5羽以上はいると思われました。

相変わらず土手には、話しているオバサン2名組、通勤自転車の人、犬の散歩の人、ランニングの人、体操・ストレッチしている人がいます。

土手は、朝日が気持ちいいからそんな朝日の好きな方が出てきています。土手は、2~3mは地面より高くなっているようです。日差しは家の中に入らないところが多いですからね。

跨線橋は、2階建ての屋根くらいの高さになると思うので10mは地面から高い位置になりそうです。跨線橋を越えるのは、体力がいります。

土手を走っていて今日は風も無く、普通に走れてよかったです。風が強いと寒くて厳しいですからね。特に逆風だと止まってしまいます。

土手走行が終わり、土手を降りて、通常の舗装路を走ります。

少し走ってから途中に緩やかな上り坂があって最後に登りきるところが結構高低差があるからキツイです。

この登ったところを下ると駅近くを走らなければならないのですが、また通勤するアリの行列があって、それを通過して行きます。この周辺は商店街ですが、まだお店はどこも閉まっていて朝は静かなものです。

ここを抜けて、あと少し走って到着です。

通勤での後半は、手の指先も痛くなり我慢できなくなるくらいになります。自衛隊仕様の手袋を相変わらず使っています。寒いので手袋、耳あて、ネックウォーマーは必需品ですね。今日はセーターを着ていて丁度いい感じです。

週末は、足の疲労も回復してましたが自転車通勤2日目になると足のふともも膝部分は疲労が出てきます。今日は仕事をしながら、足が少し痛む感じです。再び筋肉痛のようです。

今日も自転車で川沿いを走る

昨日の天気は大荒れでした。横浜市では、夕方17時くらいから雨が降り始めて土砂降りになりました。駅から歩いて帰るのに、足はずぶ濡れで靴も中まで浸水です。歩いた距離が長いので仕方ないんですけどね。傘も小型のものしか持ってないので、そのおかげもありますけど。

今日は、風も弱く穏やかです。昨日の天気予報だと西風のようでしたが、朝には風がほぼありません。路面も乾いて自転車で走るにもいい感じでした。大雨で臭いも流れたのかもしれません。

朝の気温は4度と寒いですが、最近の気温3度のときと比べると1度違うだけで体感温度もかなり温かく感じました。朝日が出る時間が早くなったおかげで日差しが温かいからかもしれません。朝7時には日が出ますからね。

いつもの時間に出発して、川まで走って、そこから部分的に川沿いが舗装されたところを走ります。ここの区間だけは気分的によいところです。土手は高い場所にあるから朝日が当たるし、散歩している人、犬の散歩をしている人、自転車通勤の人、体操をしている人、ランニングをしている人などいろんな人が土手にいます。夜は暗くて寒いだけなのですが、朝は活発に見えます。

水面にはがいつものように泳いでいます。昨日の大雨のときはどこにいたんでしょうか。自然というのは過酷です。寒いので、体調がよくなかったり怪我をしていたら死んでしまっているかもしれません。人は家を作って暖房をつけて温かくできるけど、彼らは雨の中ですから厳しいですよね。

MTBで走っているとロードノイズが大きいのでザーっていう音が気になります。走っているときにずっと音がしているのがウルサイんです。ただ、このおかげで自然とブレーキがかかっているだろうから、運動にはいいかと考えています。パンクも簡単にはしないだろうから、スリックなどのタイヤの溝が浅いものよりも抵抗があっていいです。フロントフォークも重く、フォークだけでも2、3キロはあると思います。もっと安い自転車で鉄のものならもっと重いでしょうけど、ママチャリじゃぁ楽しくないですから楽しい自転車の方がいいかとMTBを選んでいます。

足の筋肉痛は、土日月でかなりおさまりましたが、まだまだ強化されてはいないようで、あまり無理はしたくないかなと思いながら今日は走っていました。負荷をかけると足の痛みがまだ残っているようです。若い時よりも復旧が遅いのと、筋肉ができるのも遅いんでしょうね。

でも、また少し距離を走って足を強化してみたいと思います。ただ、腹筋とかが無いから上半身が見た目が良くないので、ジムとかで筋肉トレーニングをするのがバランスいいんでしょう。筋肉トレーニングするのも、やり続けないと維持できないですし。

 

スポーツとして自転車もいいのですが、それだけだとバランス的にはどんなもんなんでしょうか。ちょっとよくわからないけど楽しいからいいかって感じです。

 

自転車通勤の気温、装備についてのおすすめ

朝の通勤は、6時40分くらいに自転車で出発します。
いつも気温が1~3度程度のようで、風があると寒くて顔が痛い時間帯です。
昼になると10度近くまで気温が上がるのですが、明け方は非常に冷えます。

6時20分くらいから明るくなってきて、6時40分にはライトもいらないかな?というくらいまで明るくなってきます。そして7時に日が出てきます。1月初旬よりは日の出時間は少し早くなりました。

走行距離は7キロ程あるので、この間に冷えないように防寒は気をつけますが、走っていると体は温かくなってくるので、上着はあまり温かくなくても平気です。むしろ薄着の方が汗をかかなくていい感じです。特に帰りは気温も8度くらいまでに高くなるので、この頃にセーターとか着ていると到着するころには少し汗が出てきます。

おすすめな上着は、ユニクロのブロックテック素材で内側にフリースが貼り付いているものです。帽子が付いているので、ちょっと走るのには邪魔になりますが、あまり気にならない程度です。寒いようであれば下にセーターを着ます。その下にはシャツとTシャツで特にヒートテックとかは着ていませんす。

パンツは、ジーンズなどの綿パンで十分です。パンツの下にヒートテックのズボン下のようなものは履きません。
防風のものは0度以下になればいいですが暑いから距離走る方には、あまりおすめできません。気温が5度以上になると暑かったので、温かいからいいですが足に汗かきますので、この気温だとそこまでの必要はありません。

朝は、気持ちはいいのですが、寒くて顔が痛いからティッシュはいつもポケットに入っている状態です。急に鼻水が出てくることもあるから鼻水対策は必須です。マスクやマフラーで顔を覆うと上り坂で息が切れて苦しくなるので、これらは口や鼻にかからないほうが走りやすいです。下り坂は流石に顔が痛いから、このときは顔にマスクがあればなと感じる顔の痛さです。これらのマスクをつけて走ると水滴が口の周りに付いてくるので、後から冷えて冷たくなるからマフラーなどはおすすめできません。短距離ならいいでしょうが長距離走るには邪魔です。

手袋は冬だけでなく、手を保護するために必須です。冬の手袋はブレーキが使えれば温かいものがいいです。冷えて手が冷たくなってもいいことないですから。

ライトはダイソーで100円のものを使い、盗まれた場合の予備も小型のものも持っています。100円ショップのテールライトは、当たりハズレがあるから、一度返金してもらったことがあります。スイッチを入れてもオンにならないで一時的に付いてもすぐ消えてしまうものでした。

走行の気温と装備は、あまり特別なものを使っていません。ヘルメットも不要だし普通に乗れるのが自転車のいいところです。

ツーキニストの方々は、ロードレーサーが多いのかな?エイリアンのようなヘルメット装着して走っているようですが、安全だからいいのかもしれないけど格好は非常に面白いものですね。

気温3度 自転車の防寒対策と手袋(グローブ)比較

自転車で通勤していると、いろいろな問題が出てきます。
特に寒さについては、かなりの寒さと運動による暑さが問題となります。

まずは寒さの方ですが、朝に自転車に乗ると非常に顔が痛いことです。フェイスマスクでもすればいいかと思いますが、流石に変な人と見られてしまいそうです。これは好みもありますが、できればフェイスマスクやマフラーで顔を覆うのがいいでしょう。でも速くはしると呼吸が激しくなるので、マスクなどを付けると息ができなくなりますから、あまりよいものではありません。仕方ないですが顔には耐えてもらうしかないかもしれません。

次に手が冷たくなるのですが、これも困ったことに本当に冷たくなります。走る距離が3キロ以内程度ならまだいいですが、この距離を超えると非常に冷たくなってきます。次第に風の影響を受けて手袋が冷えて温まらなります。寒さと風から手を守るために手袋を新調しました。

アマゾンでは非常に好評な書込が多く、★が沢山ついているので、防寒だし品質的にもよさそうだからと購入しました。自衛隊仕様とのことで品質的にも温かさ的にも良さそうでした。実際に使ってみると気温3度程度で手が冷たくなってきて、5キロも走る前には冷たくてしびれていますから、防寒性能としてイマイチなのでは?と思いました。内部にフリースの薄いものが使われているくらいですからこんなものかな。

商品がアマゾンから到着してから、現物を見て温かくないのでは?と思っていたけど、実際に寒い環境と暴風下で使ってみても温度を保持してくれる効果は期待し過ぎていたのかも。

下の写真のものを買いました。↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 f:id:bikemax:20170215231440j:plain

そこで、他の手袋も買っていたので同じ気温で手袋を付けて自転車で走ってみたところ、その手袋の方が温かくて手が冷たくなりずらいかもしれないという結果でした。どちらも新品状態での検証でしたから劣化などはありません。こちらの素材はシニサレート(Thinsulate)です。ただの化学繊維の中綿入り。価格は1,300円程度(定価だと2,900円)で買ったものですから買値ではかなり安かったのでお買い得だったのかもしれません。

自衛隊防寒仕様のこの商品を、さらに気温0度以下で乗ってみると、やはりもっと手が冷たくなりました。防寒性を求めるなら金額的にももっと高いものの方がいいのかもしれません。

防水に関しては検証していませんのでわかりません。使用感としては、細かいものは握りずらい感じ、フリーザイスのためちょっとだけ大き目です。
ブレーキを操作するのは特に問題ありません。ハンドルグリップの握りはいい感じです。見た目は迷彩色があまり好きではありません。明るい迷彩色なので軍隊っぽくはありません。

評価的にはこんな感じ。

  総合評価 ★★★☆☆
  防寒性  ★★☆☆☆

自衛隊仕様と書いてあり過剰に期待していたのですが、ここまで冷たくなるということから、中綿入りより温かくないと検証できました。他の人の口コミを、あまり当てにしてはいけないというのは反省点でした。他の人の意見は他の人の考え方ですから信用しすぎないことでした。

自転車やバイクの方が風があるから過酷な条件なのかもしれません。
手が非常に温かくて冷たくなりにくい方なら、この手袋でも温かいのかもしれません。
あまり厚手の手袋になると操作性なども良くなくなるから、何を選ぶのかは難しいところです。