読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自転車のメンテナンスと乗り方

自転車は通販で部品を買って修理・メンテナンスもできます。

自転車に乗る方法も人それぞれ

自転車に乗る方法 自転車 修理・メンテナンス

自転車で走っているときに、よく他の人の自転車を見ています。

  • タイヤの空気が入っていない自転車
  • チェーンの錆びている自転車
  • バッテリー付きの古くなった自転車
  • ママチャリで粗雑に扱われている自転車
  • ロードレーサーのピカピカな自転車
  • マウンテンバイクで部品が錆の多い自転車
  • 無灯火の自転車
  • ヘルメットをかぶって乗っている方
  • 沢山の荷物を乗せて走っている方
  • 傍若無人に走っていて突っ込んでくる方
  • スマホ片手に走っている方

本当に人それぞれの乗り方があるので自由奔放です。
中には危ないなと思うものや、自転車もよく動いているなと思うものもよくあります。

オートバイや自動車になると車速も違うこともあるのかしっかりメンテナンスしないと危険です。

では、自転車はメンテナンスしなくてもいいのかな?
走る速度が遅いから良いと言えばいいのかもしれないけど、もう少しメンテナンスした方がと思うものが多く走っています。

 自転車もお手入れしてないと、安定して走ることができないのですが、なんとかなるといえば、なんとかなるから、修理しないまま乗ってる方が多いようです。
しかもママチャリになると1台1万5千円程度ですから、修理代の方が高くつく場合もあります。

そうなると

  • 修理なんてしなくて乗り潰そうと思う方も多いでしょう。
  • 盗まれてもあまり気にしない価格だと判断される方ももいるでしょう。
  • 盗んでも特に問題ないと感じる方もいるでしょう。
  • 駅からチョイノリして借りてもかまわないと思う人もいるでしょう。

価格が安いと、いろんなことを勝手に考えるものです。

 一方、高額のロードレーサーや、マウンテンバイクになると、同じように考えられません。車速も速いしメンテナンスしていないと危険性も高くなります。

 どれも共通して自転車をメンテナンスして欲しいことは、タイヤの空気圧を適正にしておいて欲しいということです。

ママチャリにしても何の自転車にしても、空気圧が低いとパンクしやすくなるし、スピードも出なくなります。パンクして気持ちのいい方はいないと思いますので最低限、やった方がいいことです。これだけで走る速度も変わってくるから乗り方まで変わってきます。

 タイヤの空気が入っていないとタイヤは扁平になりタイヤがゴミを拾いやすくなります。それと、石や段差でリムとタイヤが当たりチューブに穴が空いてしまうこともあります。頻繁にこれを繰り返すとチューブがボロボロになります。

自転車も機械ですから、日常のメンテナンスは必要になってきますから、たまには気にしてあげて欲しいです。